痛風ガードの生活術~尿酸値コントロールのヒント~

看護師

免疫を利用した治療

看護師

人の体は毎日がん細胞を生成しています。それを免疫機能ががんになる前に排除しています。その体の仕組みを利用したのが免疫治療になります。体から取り出した免疫細胞を活性化させて体内に戻すという方法で、ほかの治療法と組み合わせることでより高い治療効果が得られます。

詳細を確認する

身近な病気

医者

尿酸値が高い

身近な病気の1つには痛風があります。これは生活習慣病の1つとして考えられており、最近は患者数が多くなっている病気の1つになっています。この痛風の特徴ですけど、尿酸値が高い状態が続くという事です。尿酸値の値が8.0以上というのが多くなってきますので、これは体にとっても影響がでてきます。良く起こるのが、痛風発作になってきます。足や手の関節部分が痛くなったりして、場合によっては赤く腫れてしまう可能性もあります。この痛みはかなりの激痛になってきますので、早く医師に診てもらって適切な処理をしてもらうようにします。尿酸値が7.0以上になってくると痛風になってしまう可能性が高くなりますので、その時には対策を行っていきます。

プリン体を控える

痛風というのは、珍しくない病気になっており、特に男性の患者数が多くなっています。そこで、この病気にならないために注意しなければいけないのがプリン体の摂取になってきます。過剰にプリン体を摂取してしまいますと、痛風になってしまう危険度が上がってきます。プリン体を多く摂取すると尿酸値が上昇してしまう事が多いです。プリン体は、多くの食品に含まれていますけど、食品によって含まれている量にかなりの差があります。そこで、どの食品にプリン体が多く含まれているのかを把握して、うまくプリン体の量をコントロールしていきます。特に尿酸値が高めの人は、プリン体の量を控える必要がありますので、プリン体を意識した食事が必要です。

気を付けること

聴診器と問診書

都筑区にはいろいろな病院があります。特に内科は人々にとって行きやすい受診科です。しかし、大きい病院に直接行くと、紹介状がないと受診できない事もあるので、要注意です。また受診時には事前診てもらえる科など聞いてみるといいでしょう。

詳細を確認する

医院の良い悪いの判断

女性

私はこれまで多くの病院に通院したり入院したことがあります。私の場合その中で良い病院と思えたのは良い担当医の先生がいたところです。そして病院選びで迷った時には実際に通院したことのある人の口コミ情報が一番です。

詳細を確認する