女性医師ならさらに安心|後から焦らないように中絶手術の知識を身に付けておきましょう

後から焦らないように中絶手術の知識を身に付けておきましょう

看護師

女性医師ならさらに安心

女医

堕胎手術の方法

ご夫婦の方々などが、夜の営みを行なった際に、妊娠しないように気をつけていても避妊行為が甘かった場合、意図せず子を宿してしまうこともあります。そのようなケースでは、中絶手術を受けることによって、子供をつくらないようにすることができます。東京都内においても、数多くの婦人科やレディースクリニックなどがあります。人口の密集したエリアの東京都だけあって、病院数もかなりの数にのぼります。また、妊娠してから5週目などの初期の段階であれば、比較的中絶に適した時期であるとされています。初期段階での中絶手術の方法としては、そうは法や吸引法といったものがあげられます。そのどちらかの方法を選ぶにあたっては、医師によって最適とされる判断のもと、慎重に決められることとなります。

女性に優しい病院の選び方

婦人科をはじめ、産婦人科やクリニックなどでは、男性医師が中絶手術を行うことが多くなっています。これは、東京都内の病院でも同様に当てはまりますが、女性であれば、同性の医師によって中絶手術をしてもらえば、より安心することができます。そうしたニーズに答えるようにして現在東京都内では、医師を含めた方々がすべて女性であるクリニックが増加傾向にあります。同時に、中絶手術中には、苦痛を感じる方の割合が半数近くに及んでいるとする統計もあるので、手術前に麻酔などの処置を施してくれる、無痛中絶手術を行っているかかどうかを、事前に確認しておく必要があります。無痛であれば、精神的にも負担をかけることがありません。こういった都内のクリニックでは、週末や夜でも診療してくれるところがあるので、仕事をされている女性の方々にとっても、利用しやすい環境となっています。